養育費に保証人をつけることも

養育費の支払い額を決めて公正証書を作成したから
これで子供が20歳になるまでは安泰・・・

というわけにはいかないこともよくあります。

確かに
公正証書を作成し、養育費の支払いが滞ったら
強制執行が出来ることになるのは本当です。

ただ
養育費を支払う側(債務者)に支払い能力がある場合にのみ
強制執行が可能だということです。

過去に一度経験した例ですが、
公正証書を作成し離婚した後、
何度か養育費の振り込みはあったんですが、
債務者側に事情ができ、
支払いが厳しくなったので
会社自体を辞めた人がいました。

養育費を支払いたくないという理由だけで
会社を辞めたわけではないんだと思いますが、
せっかく作った公正証書が無駄になることを避けるには
養育費の支払いに「保証人」を立てることも
検討してみると良いのかもしれません。

とはいえ
保証人となると・・・
債務者の両親となることが多く、
年金受給者の可能性が高くなります。

年金のみで生活しておられる高齢の両親を
保証人にする
というのは現実的ではないことも多く
実際のところ、保証人を立てられるケースは少ないのが現状です。

それでも・・・
公正証書を作ることを決めたときは、
保証人になってくれる人がいないか?
一度検討してみて下さいね。