住宅ローンをどうするか

 
 
結婚してから家を購入し、離婚することになった場合
財産分与をどうするか?を協議することになります。
 
最近は、夫婦共有名義で購入することも多いですが、
まだまだ夫名義でローンを組むことがほとんどです。
 
では、名義は夫名義だから夫の物というわけではなく、
夫婦が形成した財産なので、
離婚するときは基本的には半分ずつ権利があるということになります。
 
ローンが残っていなければ、
売却して半分ずつに分けることも出来るんですが、
ローンが残っている場合や、
売却してもオーバーローン状態(売却金額より残ローンの金額が高い場合)は
その残った債務をどうするのか?がネックになります。
 
ローンの債務者がそのまま住み続けて
残ローンを支払っていくというケースもよくありますが、
中には妻が連帯債務者になっていることもあり、
その場合は簡単にはいかないことも。
 
金融機関は連帯債務者をつけることを条件に
融資をしているので、
連帯債務者を変更したり連帯債務自体から抜けたい
という申し出は
妻によほどの収入や財力がある場合を除いて、ほとんど拒否されます。
 
借り換えをして住み続ける側のみのローンにするのが
一番良い方法ですが、
その借り換えがうまく行かない場合もあります。
 
また、よくあるのが、
妻と子供がそのまま自宅に住み続けたいというケースです。
 
この場合は、ローンの債務者である夫が合意すればうまくいきますが、
夫も今後の生活もあるし、そのまま住み続けられると
困ったときに売却も出来ないことになり、
夫が拒否することも。
 
妻が家賃という形でローンの負担をする
妻がローンを新規で申し込み、自分の名義に変更する
など、いくつかの方法もありますが、
いずれの方法も若干のリスクを伴います。
 
解決策としては、
まずはローンを借りている金融機関に相談をしてください。
あっさりと借り換えが進む場合もありますし、
他の手段を提案してもらえることもあります。