別居中の生活費

 
 
今すぐ離婚が出来ない
どうしても一緒に暮らせない
相手の暴力
 
など、別居することになったとき
その間の生活費はどうなるのか?
と、よく聞かれます。
 
 
答えは
婚姻中であれば、別居していても扶養義務があるので、
生活費を請求することが出来ます。
 
別居中の生活費のことを
「婚姻費用」と言いますが、
基準となる金額は裁判所が公開しています。
 
婚姻費用の算定表はこちらから
 
権利者(扶養されている側)と義務者(扶養している側)の
収入額が交差するところが、婚姻費用の基本的な額の幅になります。
 
ただ、別居しているということは、
二重生活を送っているということになるので、
住宅ローンは誰が支払っているのか?や
子供の学費の支払い、
実家にいる場合など
算定表に他の条件を加味しながら計算していくことになります。
 
相手が勝手に出ていったから支払うつもりはない!
と、よく言われますが、
婚姻中は双方に扶養義務があり、
収入の多い方が少ない方の面倒を見るのは決められた義務です。
 
ただし・・・
権利者(婚姻費用を支払ってもらう側)の不貞行為などが原因で
別居することになった場合は
子供の分だけ請求することになるかもしれません。
 
 
別居しているけど生活費を支払ってもらえていない場合は、
家庭裁判所に婚姻費用の分担の申し立てを
一度検討してみてください。