養育費の算定表とは

養育費の支払いを決める際
基準となるものはお互いの収入や子供の数や年齢です。

その考え方のベースとなるのは

裁判所が公開している以下の「算定表」と呼ばれているものです。

算定表(裁判所のHPへ)

双方の収入や自営、給与収入の違い、子供の数や年齢
などにより、計算方法は変わります。

養育費を支払う側(義務者)と
養育費を支払ってもらう側(権利者)
の収入の額から出てくる算定額ですが、
2万円の幅があります。

例えば(4万円~6万円)など

離婚調停や裁判などでもこの算定表を基に、
養育費の額を決定していることが多いようです。

インターネットの普及により、養育費を考える場合には、
この算定表を見ておおよその額を協議する方が増え、
法外な養育費の額で離婚することが少なくなるのは良いことだと思います。

ただ、この養育費の算定表の金額については

日本は他の国よりも少ないのではないか?
という問題が出てきています。

今後、この養育費の額がどうなっていくのか?
様子を見ていくことになりそうです。